三郷市、流山市、越谷市のおすすめ小児矯正 » 小児矯正を受ける歯科はこうやって選ぼう!優秀な歯科の選び方 » 矯正治療中に起こる歯肉退縮とは?

矯正治療中に起こる歯肉退縮とは?

公開日: |更新日:

矯正治療中には歯肉退縮に注意しなければなりません。歯茎が退縮することで、歯が長くなるといった見た目の問題だけではなく、歯周病や虫歯の悪化や知覚過敏にもつながり厄介です。歯肉退縮とはなにか?なにが問題なのか?原因はなにか?などをまとめたので治療中の方はぜひチェックしてみてください。

歯肉退縮とは?

歯肉退縮とは歯茎が退縮することです。矯正治療中に起きるリスクがあります。退縮とは、歯茎が痩せることで、通常より歯が長く見えるような状態です。また、歯の根元部分に隙間もできます。

歯肉退縮は見た目以外にも虫歯や知覚過敏、歯周病にもつながるため、矯正治療中に起きるのはけしていいことではありません。ワイヤー矯正やマウスピース矯正なら起きないというものでもなく、矯正治療には発生するリスクがあります。

歯肉退縮が起きた際のリスクとは

歯と歯の間に隙間ができる、歯が長く見えたり口元が痩せて見えたりするため老けた印象になるという見た目の問題があります。また、エナメル質のない歯根がむき出しになれば、細菌が繁殖して虫歯につながるのです。

知覚過敏も厄介な症状のひとつ。歯根がむき出しになることで歯磨きや、冷たいものや熱いものまで食事のときに歯が痛くなるためストレスの原因に。また、細菌の繁殖により歯周病の進行へとつながります。

通常は、食べ物を噛んだときに力は歯根周囲の歯槽骨や歯根膜に吸収されますが、歯肉退縮によって歯周に噛む力が過剰に伝わります。結果、炎症によって歯のぐらつきや歯が抜けるなどの問題が生じるのです。さまざまな問題につながるため歯肉退縮が起きないようにしなければなりません。

歯肉退縮が起きる原因は?

歯肉退縮が起きる原因は複数あります。原因をしっかり理解しておくことで、矯正治療を検討する前に予防ができるのです。

矯正治療前から歯周病がある

歯周病は歯茎の炎症が歯槽骨という歯を支えている骨に波及した結果、歯茎や支える骨が溶けてしまう病気です。炎症を起こしている歯茎は痩せているようには見えません。ただ、炎症で腫れているからであり、歯磨きや治療して症状が収まると歯茎が引き締まります。そうすると歯茎が痩せているのがわかるのです。

歯周病は一度なってしまうと元の状態に戻すのは現代医学では難しいと考えられています。歯肉退縮も含め、口内の健康を考える上で、日常から歯周病にならないよう歯磨きを通じたケアが必要です。

矯正治療中に歯周病になった

矯正治療でも歯磨きが重要になるのは、虫歯だけではなく歯周病予防でもあるからです。ワイヤーのような固定式の装置を装着した場合、食べかすや汚れを取り除くがむずかしくなります。歯磨きをさぼってしまうと歯周病リスクが高まるのです。

歯周病になると矯正以外にも治療しなければなりません。歯科医師の判断で矯正治療の一時中断も必要になるからです。お金も時間も余計にかかることになるため、矯正治療中でも油断をしないように適切な口内ケアが求められます。

治療前から歯並びがガタガタだった

治療前から歯並びがガタガタしている状態の場合、歯肉退縮のリスクは高まります。そもそも歯がガタガタしている箇所は骨の形や歯と歯の距離が近いといった問題が挙げられます。一見、歯茎があるように見えるのですが、矯正治療で歯並びが生じると本来の姿が現れます。

歯と歯の距離は適切になりますが、支えている歯槽骨に変化はありません。そのため、歯茎が下がったように見えることがあるのです。ある程度は防げるのですが軽い歯肉退縮は起きる可能性があります。

骨がない位置に歯を並べてしまった

基本的に骨がある位置でなければ歯を並べられません。ただ、矯正治療は歯を適切な場所に移動させる治療です。結果、骨から外れた場所まで移動させてしまうと問題が生じます。骨から歯の一部がはみ出た状況は適切とはいえません。結果、その箇所で歯肉退縮が起きるケースがあります。

とくに下の前歯部分は骨に厚みがないため注意が必要です。ただ、通常は治療前に歯科医師が骨の厚みや量を審査し、治療計画を建てることで防げます。少なくとも矯正治療の経験や実績が多い歯科医院では、よほど特別な事情がない限りありえないケースといえるでしょう。

小児矯正では歯肉退縮のリスクは低い?

小児矯正では歯肉退縮のリスクは低いと考えられています。ただし「絶対に起きない」とは言い切れません。実際に、小児矯正でも歯茎が下がった事例はあるからです。小児矯正で歯肉退縮が起きる原因として考えられているのは「力をかけ過ぎた」という理由が挙げられます。

歯科矯正は歯に力を加えて歯槽骨の吸収と再生により移動させるという治療です。適度な力なら吸収と再生はバランスが取れます。力をかけ過ぎれば歯肉退縮が起きる可能性が出てくるのです。

歯茎が下がったように感じたときにできること

矯正治療前や治療中でも歯肉退縮の可能性がありそうだと感じたら、すぐに歯科医院に相談することをおすすめします。相談することで、矯正器具を取り換える、スケーリングにより歯石の除去、矯正装置を装着していても汚れを取れるブラッシングの指導などを受けられるからです。

また、歯肉退縮の中でも重度なら歯肉再生を促進させる外科治療ができる歯科医院もあります。歯肉退縮を感じたらすぐに相談してみてください。早めの対処をすることは、以降の矯正治療の結果につながります。

まとめ

歯肉退縮は葉が長く見える、隙間ができる、口元が痩せて見えるなど、見た目の問題が出てきます。矯正治療をして口元をキレイにしたい方にとっては避けたいところでしょう。ただ、虫歯の発生や悪化、知覚過敏、歯周病など口内の健康状態に問題を引き起こすことも無視できません。

小児は矯正中の歯肉退縮の発生は少ないといっても、力をかけ過ぎれば起きるケースもあります。歯肉退縮が起きないように普段から適切なケアが必要です。また、歯肉退縮だと感じたら放置せずに、早めに歯科医院で相談してみてください。

三郷市、流山市、越谷市

おすすめ
小児矯正歯科

0歳から始められる
新しい矯正システム

【PR】IS歯科クリニック
新三郷

新三郷駅より 歩いて7分
ららぽーと新三郷の目の前

公式サイトで
詳しく見る

電話で問い合わせる

TEL:048-957-0418

小児歯科を25年以上
長年の実績

【PR】鈴の木
こども歯科

流山おおたかの森駅より
歩いて12分

公式サイトで
詳しく見る

電話で問い合わせる

TEL:04-7170-2223

キッズスペース充実
楽しく通える

【PR】かみむら歯科矯正
クリニック

越谷レイクタウン駅より
自動車で8分

公式サイトで
詳しく見る

電話で問い合わせる

TEL:048-988-1182

【選定基準】
三郷市、流山市、越谷市エリアで小児矯正を提供している歯科クリニック36院の中で唯一のサービス提供を行っているクリニックを紹介いたします。(2020年10月20日調査時点、編集チーム調べ)
・IS歯科クリニック新三郷:抜歯やブラケットによる矯正を行わない早期予防矯正治療「マイオブレース・システム」を提供している
・鈴の木こども歯科:日本小児歯科学会の専門医が在籍している歯科クリニック
・かみむら歯科矯正:歯科医17人、保育士4人が在籍している大規模な歯科クリニック

【矯正歯科治療について】
専用の矯正装置を使用することで歯並びや噛み合わせを治療していく治療法です。マウスピース矯正では、専用のマウスピース装置を装着して、歯並び等を整えていきます。健康保険対象外のため、全額自己負担となります。

<歯列矯正治療の費用と期間について>
矯正歯科の平均的な費用はおよそ60~120万円、期間については平均3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、正確な情報はクリニックでお問い合わせください。

<副作用について>
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などになりやすくなる可能性や、金属の装置による金属アレルギーなどを起こす恐れがあります。正確な情報はクリニックへ直接ご相談ください。

<治療における医薬品・医療機器について>
治療における医薬品・医療機器の中には、厚生労働省の未承認医薬品、医療機器が一部ございます。その装置や機器・医薬品の入手経路や、諸外国における安全性、同一性能を有する国内の承認医薬品等の有無など、詳細については各歯科医院・クリニックに直接ご確認をお願い致します。

三郷、流山、越谷
おすすめ小児矯正
イメージ

子どもの永久歯の歯並びを考えるなら、適切なタイミングを検討したいところ。子どもの成長に合わせて治療をする医院をご紹介。

おすすめ
小児矯正を見る