三郷市、流山市、越谷市のおすすめ小児矯正 » 小児矯正を受ける歯科はこうやって選ぼう!優秀な歯科の選び方

小児矯正を受ける歯科はこうやって選ぼう!優秀な歯科の選び方

小児歯科での矯正は、その後の歯や顎の成長に大きな影響を与えるので、できるだけ早くやっておく必要があります。しかし、小児歯科ならどこでもいいわけではありません。正しい矯正を受けられない小児歯科を選んでしまうと、事態がさらに悪化してしまうこともあり得ます。ここでは、そうしたことがないように、優秀な小児歯科を選ぶためのポイントを解説していきます。

症例数が多い

取り扱っている症例数が多いということは、それだけたくさんの患者さんを手掛けている優秀な歯科だということです。歯科によっては公式サイトで症例数を公開している場合もあるので、参考にしてみましょう。

また、一見評判のいい矯正歯科であっても、大人の歯科矯正の症例数は豊富にあるが子供の歯科矯正の症例数はあまりないという歯科もあるので、あくまで注目すべきは「子供歯科矯正の症例数」であることを忘れないようにしましょう。

歯科によっては、矯正歯科と小児歯科を併設しているところもあります。しかし、だからといって小児矯正の症例数が豊富であるとは限らないので注意が必要です。

通院がしやすい

根本的な点ですが、通院のしやすさは重要です。口内の状態や処置内容などによって差異はあるものの、歯科矯正を終えるまでには長期間に渡る定期的な通院が必要です。そのため、ストレスなく通院できるかどうかは大きなポイントとなります。

さらに、子供の歯科矯正の場合は、通学やクラブ活動、塾通いなどへの影響も考慮する必要があります。歯科があまりにも遠方だと不便なので、まずは家から近い歯科を見つけましょう。歯科が家から近ければ通学やクラブ活動などとの両立はしやすいですし、矯正器具の破損などの不意のアクシデントが発生したときでも対応しやすくなるという大きなメリットがあります。

「抜かない治療」にこだわり過ぎない医師

近年では、大人・子供ともに抜く必要のない歯はなるべく抜かず、天然の歯を活かす歯科治療が推奨されています。もちろん、むやみに歯を抜かないということは間違いではありませんが、どんなケースであっても歯を抜かないことが常に正しいとは限りません。

歯科医院を探したことがある人なら、さまざまな歯科の公式サイトで「抜かない治療」を大きく取り上げているのを見たことがあるのではないでしょうか。そのため、歯科矯正の世界では歯を抜かない治療がいかにも常に最良の治療であるかのような風潮があります。また、患者さんの方も好き好んで歯を抜こうという人はいないでしょう。なるべくなら歯を抜かない矯正治療を希望するはずです。そうした事情から、多くの歯科医院、そして患者さん自身が「歯を抜かない矯正治療」に飛びつきがちなのです。

しかし、実際には抜くべき歯を抜かないで矯正治療をすると、かえって事態が悪化することも珍しくありません。そのため、矯正歯科を選ぶときには「歯を抜かない矯正治療」をしてくれるというだけでなく、「抜くべき歯はきちんと抜いてくれるかどうか」というのが大きなポイントとなるのです。

歯を抜かない選択が失敗になってしまう例

歯を抜かないことがかえって失敗につながる例としては、床矯正の失敗が挙げられます。床矯正とは、プラスチック製の矯正器具を用いて、歯列を横に広げるという矯正方法です。実は、この床矯正には「歯を抜かなくてもあごの骨を広げることで歯列矯正が可能」という誤解がつきまとっているのです。まだ歯が成長しきっていない成長期の子供の場合、この床矯正は特に上あごの歯列を広げるのに適しています。しかし、広げられるのはあくまで歯列のみであって、成長期だからといってあごの骨まで広げられるわけではありません。そのため、歯を抜かずに床矯正を行った場合、歯が傾斜する、かみ合わせが不安定になるといった失敗を招く危険があるのです。床矯正そのものが間違っているわけではなく、どんなケースでも床矯正で矯正できるという誤解がこうした失敗の原因となっているのです。

生活環境に沿った治療方法を提案する

患者さんごとに異なるのは、口内の状態や症状だけではありません。その生活環境も一人ひとり異なります。そのため、矯正歯科を探すなら患者さんの生活環境も考慮して治療計画を立ててくれるところを選びましょう。特に、子供の矯正治療の場合は大人以上に担当医との相性が大きく影響します。成長期の子供の矯正治療では、成長に伴う矯正器具の微調整やストレスへの対処も重要です。そうした生活環境にも配慮してくれる歯科を見つけることはとても重要です。

日本矯正歯科学会の認定医がいるかどうか

優秀なスタッフがいるかどうかも歯科選びの重要なポイントとなりますが、具体的には「日本矯正歯科学会の認定医がいるかどうか」を調べるといいでしょう。日本矯正歯科学会の認定を受けるためには、歯科医師免許試験の合格は当然のこと、5年間の専門的な研修、そして厳しい試験の合格を経なくてはいけません。つまり、日本矯正歯科学会の認定医がいる矯正歯科は、それだけで非常にレベルが高い歯科であると言えるのです。

歯科の公式サイトには院長・スタッフ紹介のページがありますので、そこのプロフィール・経歴欄を見て日本矯正歯科学会の認定医がいるかどうかをチェックしてみましょう。また、日本矯正歯科学会の公式サイトでは、地域ごとに認定医の所在を確認できるので、自分の居住地に認定医がいるかどうかを簡単に確認できます。

治療の流れや方法・メリットデメリットをわかりやすく丁寧に説明してくれる

矯正歯科に限ったことではありませんが、医療サービスを受ける際にはきちんとインフォームド・コンセントを果たしてくれるかどうかは重要です。特に矯正治療は長期間に渡って患者さんと歯科が十分な信頼関係の上で協力しあって進めていかなくてはいけません。そのため、治療についてきちんと説明してくれるかどうかは、信頼関係が結べるかどうかに直結します。

治療計画の説明の際には、メリットだけでなくデメリットも包み隠さず説明してくれるかどうかも確認していきましょう。特に、歯科矯正では痛みや矯正装置の見た目などのデメリットは確実に存在します。そうした部分までしっかり説明してくれる歯科なら、十分に信頼できるでしょう。

小児矯正を受けるなら専門医を探すべき?

小児矯正を受けようとするときに、小児歯科と矯正歯科のどちらが適しているのかで迷う人もいるでしょう。どちらも歯の矯正を行うところではありますが、子供の扱いに手慣れている小児矯正なら小児歯科に行くのがいいでしょう。

また、小児歯科に限らず、歯科矯正を受ける際には専門医や認定医がいるところを選ぶことをおすすめします。専門医や認定医がいるということは、それだけでその歯科のレベルが高いという証明になるのです。

矯正歯科の専門医について
詳しく見る

小児矯正ではどんな失敗例がある?

小児矯正では、誤った治療、不十分な検査などが原因で矯正が失敗してしまうことがあります。小児矯正は、乳歯と永久歯が混じっているときに行う第1期矯正と永久歯が生え揃ってから行う第2期矯正に別れます。まだ永久歯が生えていない段階での無理な矯正は、かえって将来の歯並びに悪影響をもたらすのです。また、十分な検査をしないまま矯正を始めると、矯正がなかなか終わらない、抜かなくていい歯を抜いてしまうと言った失敗を招きます。

小児矯正の失敗について
詳しく見る

矯正が終わっても油断できない!小児矯正の後戻りとは?

矯正によって歯が予定されて位置にまで移動し終わっても、それで終わりではありません。移動した歯は元の位置に戻ろうとするので、今度は後戻りを防ぐための期間である保定期間に入ります。保定期間中に子供が勝手に器具を外したり、途中で矯正をやめたりしてしまうとせっかく矯正した歯はもとに戻ってしまうので気をつけましょう。また、保定期間は1日に器具を装着しておく時間も決まっているので、きちんと守らなくてはいけません。

小児矯正の後戻りについて
詳しく見る

小児矯正の価格はいくらくらい?

小児矯正の価格は、治療内容や歯科医院によっても異なりますが、第1期治療か第2期治療かによっても大きく変動します。第1期治療なら20~40万円、第2期治療なら50~90万円が目安となります。そして、第2期治療のみ行う場合よりも第1期治療から継続して治療を行っていたときのほうが価格はより低く抑えられるのです。これは、第1期治療を行うことで第2期治療の段階でやらなければいけない治療が減るためです。

小児矯正の価格について
詳しく見る

子供の矯正中に虫歯になったらどうすればいい?

歯科矯正中は、口内に矯正器具を着けているために歯磨きの際の磨き残しが出やすくなります。そのため、しばしば矯正期間中に虫歯になってしまうことがあります。矯正期間中に虫歯になった場合、矯正はいったん中断して虫歯の治療が優先されます。もちろんそうなると、その分だけ矯正期間が伸びてしまうので、保護者は矯正期間中は時に注意深く歯磨きや口内のチェックを行わなくてはいけません。

小児矯正と虫歯の
関係性について
詳しく見る

乳歯の歯並びは矯正する必要はある?

乳歯はいずれ抜け落ち、永久歯に生え変わります。それでは、乳歯の歯並びは矯正したほうがいいのでしょうか。歯列矯正は早いほうがいいとは言え、乳歯しか生えていない状態での矯正が必ずしも正しいとは限りません。乳歯の扱いは、その後に生えてくる永久歯の生え方やその後の歯列にも大きく影響するので、乳歯の歯並びが不安な場合は、速やかに歯科医に相談しましょう。

小児矯正と乳歯の
関係性について
詳しく見る

三郷市、流山市、越谷市

おすすめ
小児矯正歯科

0歳から始められる
新しい矯正システム

IS歯科クリニック新三郷

新三郷駅より 歩いて5分
ららぽーと新三郷の目の前

公式サイトで
詳しく見る

電話で問い合わせる

TEL:048-957-0418

小児歯科を25年以上
長年の実績

鈴の木こども歯科

流山おおたかの森駅より
歩いて12分

公式サイトで
詳しく見る

電話で問い合わせる

TEL:04-7170-2223

キッズスペース充実
楽しく通える

かみむら歯科矯正

越谷レイクタウン駅より
自動車で8分

公式サイトで
詳しく見る

電話で問い合わせる

TEL:048-988-1182

<歯列矯正治療の費用と期間について>

矯正歯科の平均的な費用はおよそ60~120万円、期間については平均3年といわれています。クリニックや症状によって期間や費用は変動しますので、正確な情報はクリニックでお問い合わせください。

<副作用について>

矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などになりやすくなる可能性や、金属の装置による金属アレルギーなどを起こす恐れがあります。正確な情報はクリニックへ直接ご相談ください。

三郷、流山、越谷
おすすめ小児矯正
イメージ

新しい矯正方法や、実績があったり、楽しく通えそうなキッズルームのある小児矯正対応歯科クリニックを紹介。

おすすめ
小児矯正を見る